ブログ

先日はキッチンの換気扇の分解掃除をしてきました。

お客様は以前から換気扇の油汚れが気になっていて、

お掃除を依頼したかったけど、

なかなかタイミングが無くほったらかしにしていた様です。

こんな感じに換気扇の油汚れが気になってる方も多いと思います。

そんな方の為に今回は、

実際に当店がお掃除してきた換気扇掃除の事例、

換気扇の内部の油汚れを防ぐ方法、

換気扇の油汚れを放置するデメリットなどを紹介したいと思います。

換気扇の油汚れにお困りの方に少しでも参考になればと思います。

【目次】

1.福岡市早良区で換気扇を掃除してきた事例の紹介。

2.換気扇の内部の油汚れを防ぐ方法の紹介。

3.換気扇の油汚れを放置する事で発生するデメリットの紹介。

4.換気扇掃除のまとめ

1.福岡市早良区で換気扇を掃除してきた事例の紹介。

福岡市早良区でキッチンの換気扇をお掃除してきたので、

ビフォア-・アフターなどを紹介したいと思います。

このブログをご覧頂いてる方がお掃除業者さんに換気扇の掃除を依頼すると

「こんな感じに仕上がるんだ!」みたいな感じで、

ご想像出来ればと思います。

先ずは、

ご訪問させて頂くとご挨拶などをした後に、

次の様な段取りで換気扇をお掃除させて頂きます。

【換気扇をお掃除する段取り】

1.お掃除道具の搬入。

2.換気扇の動作確認。

3.周囲の養生。

4.換気扇の分解。

5.お掃除前のお客様確認。

6・換気扇の掃除。

7.お掃除後のお客様確認。

8.換気扇の組み立て。

9.換気扇の動作確認。

10.後片付け。

初めて換気扇のお掃除をご依頼される方はどんな感じでお掃除をしていくのか、

少し気になる事などあるかもしれないので、

実際にお掃除をしてきた現場で、

少しご説明をさせて頂きます。

1.お掃除道具の搬入。

換気扇をお掃除する際にはバケツや洗剤やパットなどが必要です。

そんな掃除道具が入った大きなケースを防水の青いシートを敷いた上に搬入させて頂きます。

2.換気扇の動作確認。

換気扇が正常に動いたり、異音がしないか、などなど動作確認をします。


3.周囲の養生。

キッチンの壁・天板・などなどを汚れない様にマスカーテープやポリシートという物を使って

養生をます。

こんな感じになります。

換気扇掃除前のキッチン養生

キッチン養生
キッチンの壁や天板が汚れない様に養生したら、

次はシンクです。

シンクの中で換気扇の取り外した部品などを洗浄したりする場合もあるので、

こんな感じにキズが付かない様にマットを敷いたり、

排水口にゴミが入らない様にネットをしたりします。

換気扇掃除前のシンクの養生

キッチン換気扇用シンク養生

4.換気扇の分解。

換気扇の内部をお掃除する際は必ず分解が必要なんです。

ファンを取り外したり、

ファンをおおっているケージ?

正式な名称が分からないですが、

僕はでんでん虫と言っています。

後ほど写真で説明いたします。

いろいろな部品を取り外します。

どんな感じで分解するのかわかりにくいと思いますので、

分解前と分解後を写真でご説明いたします。

換気扇分解前

換気扇全体
こんな感じの換気扇を分解すると、

次の様な状態になって、

換気扇がただの箱の様な状態になります。

取り外したフードの部分もスイッチプレートなども取り外し、

シッカリとお掃除できる様な状態にします。

換気扇分解後

換気扇分解後

分解が終わると、

次は取り外した部品や本体の内部をお掃除していきます。

お掃除の前後でお客様にお声かけをさせて頂き、

お掃除の前後を確認させて頂きます。

ほとんどの方が分解した内部の汚れをご覧頂く事は無いと思うので、

けっこうビックリされる方もいらっしゃいます。

先にご紹介させて頂いた段取りでは次の3つです。

5.お掃除前のお客様確認。

6・換気扇の掃除。

7.お掃除後のお客様確認。

では、

実際の現場でお掃除をしてきたビフォー・アフターを紹介します。


換気扇ファンのお掃除前

換気扇ファン掃除前

換気扇ファン掃除後

換気扇ファン掃除後
換気扇のファンは取り外してお客様にお掃除前をご確認して頂いた後に、

すぐにお湯に専用の洗剤を入れてつけ置きを行います。

つけ置きが終わると、

このファン洗浄の特殊な形をしたヘラで油汚れを取り除き、

細かい汚れはブラシなどを使いキレイに仕上げます。


換気扇ケージのお掃除前

換気扇ケージ掃除前

換気扇ケージ掃除後

換気扇ケージ掃除後
取り外した換気扇のケージ?

正式な名称がよくわからないのですが、

僕はでんでんむしと言っている部品です。

この部品の底には油が固まっているので、

ヘラを使い油のかたまりを取り除いてから、

専用の洗剤やパットを使ってお掃除をすると、

こんな感じに仕上がります。


取り外した部品の掃除が終わり、

本体の箱の部分のお掃除が終わると、

お客様にお声かけさせて頂きご確認して頂きます。

ご確認が終わると組み立てです。

先にご紹介した段取りの項目では、

8.換気扇の組み立て。

9.換気扇の動作確認。

10.後片付け。

この3つを行ってお掃除完了です。


今まで業者さんに換気扇の掃除をご依頼された事が無い方などは、

業者さんが換気扇をお掃除する際は、

こんな感じで養生したり、

分解したり、

見えない部分がキレイになったりするんだ。

そんな感じで、

少しは参考になればと思います。


2.換気扇の内部の油汚れを防ぐ方法の紹介。

換気扇のフードの部分などの外側やフィルターの部分などの外側の部分は、

ご自身でもお掃除する事は簡単に出来ると思います。

でも、

換気扇の内部は分解したりしないとお掃除が出来ないので、

汚れてしまうと大変です。

一部の方はある程度分解してお掃除をしている方もいらつしゃいます。

そんな方は業者さんにお掃除を依頼する事は無いと思うので、

ご自身で分解してお掃除する事が出来ない方などの為に、

内部が汚れない様にする対策と注意点をご紹介します。

【換気扇の内部が汚れない対策】

換気扇フィルターをする事

どこのご家庭もこの対策をしている様な気もするのですが、

注意して頂きたい事があります。

【換気扇フィルターを使用する際の注意店】

フィルターをこまめに交換する事。

いろいろなご家庭にご訪問させて頂いて、

換気扇のお掃除をさせて頂くと、

ほとんどのご家庭では換気扇フィルターをされています。

でも、

フィルターが油でベトベトの状態で換気をする事が機能していない状態の場合がよくあります。

この状態では油汚れがお部屋全体に付着してしまいます。

キッチンの換気扇の本来の機能を油がベトベトに付着しているフィルターのせいで、

機能しなくなってしまっているんです。

なので、

それぞれのご家庭で料理の頻度などいろいろと状況は異なると思うので、

フィルターに油の付着が多く見られる状態になれば、

すぐに交換をしてくださいね。

また、

決め打ちで毎月交換・2ヶ月毎に交換なども良いかと思います。


3.換気扇の油汚れを放置する事で発生するデメリットの紹介。

次は換気扇の油汚れを放置してしまう事でのデメリットを紹介したいと思います。

①ファンに油が固着してファンの回転が遅くなり、

本来の換気の機能が低下してしまう事。

そして、

②油が塗装面などに長時間付着する事で、

塗装が劣化して剥がれてしまう事です。

この塗装が劣化していて剥がれる可能性がある事は、

お掃除をする際に事前にご説明をさせて頂いています。

油が付着している部分を触るだけで、

塗装が剥がれる状態のケースもよくあります。

掃除業者が強い洗剤を使ったから塗装が剥がれたと誤解されるのも嫌なので、

シッカリとご説明をさせて頂いています。

気になる方は換気扇の油が付着している部分。

よくあるのは丸く点の様な状態で油が付いている部分に食器洗い用の洗剤を付け、

スポンジでかるく拭いてみてください。

その丸い点の部分だけ塗装がおかしくなっているのが確認できると思います。



こんな状態にならない様に普段からほんの少しでいいので、

かるくお掃除をしてあげてくださいね。

また、

換気扇のメーカーにより塗装が剥がれにくいメーカーもあります。

僕が知っている範囲ではタカラスタンダード製の換気扇は

塗装が剥がれにくいような気がします。


以上、換気扇をお掃除しない事でのデメリットを紹介致しました。

こまめにお掃除する事をお勧めしますし、

内部の汚れが気になる様でしたら、

ご自身で分解して掃除してみるも良いと思いますし、

業者さんに依頼するのも良いと思います。


4.換気扇掃除のまとめ

キッチンの換気扇掃除のまとめです。

①今回は実際に福岡市で換気扇掃除をしてきた事例を紹介致しました。

業者さんが掃除をする際の養生や実際に掃除をしてきたビフォー・アフターを紹介していますので、

業者さんが換気扇を掃除すると、

こんな感じで掃除をするのかイメージ出来たのではないかと思います。


②換気扇の内部の汚れ対策をご紹介しました。

一番注意して頂きたい事はフィルターをこまめに交換する事です。


③換気扇の油汚れを放置する事でのデメリットを紹介しました。

油汚れを放置すると塗装を腐食させて剥がれてしまいますので、

こまめに掃除をすることをお勧めします。


以上、換気扇の掃除に関して3つご紹介させて頂きました。

換気扇の掃除を業者に依頼しようかご検討されてる方や、

換気扇の油汚れにお困りの方など換気扇の油汚れについて、

少しでも皆様のご参考になればと思います。

最後にこの記事を書いた私のお店の紹介や当店の換気扇掃除の料金などの詳細をご紹介させて頂きます。


続いて当店の換気扇掃除の料金などの詳細です。


おそうじ本舗荒江店におそうじを依頼するとどんな感じに仕上がるか気になる方はこちら。


おそうじ本舗荒江店は多くのお客様に喜ばれてるお店です。



以上最後までご覧頂きありがとうございました。
先日は福岡市早良区の団地のお風呂のカビ掃除をしてきました。

お客様はお風呂のカビに大変お困りで、

どうにも自分では手が付けられなくなってしまったとの事です。

団地のお風呂などはカビが発生しやすいケースが多いですので、

今回のお客様の様にお風呂のカビにお悩みの方は多いのではないかと思います。

そんなお風呂のカビにお悩みの方に少しでもお役に立てればと思い、

今回は次の事を紹介したいと思います。

【目次】

1.福岡市で団地のお風呂のカビ掃除をしてきた事例の紹介。

2.お風呂にカビが発生する原因。

3.お風呂にカビを発生させないための対策。

4.お風呂のカビ掃除を自分でする場合の手順の紹介。

5.団地のお風呂のカビ掃除についてのまとめ。

1.福岡市で団地のお風呂のカビ掃除をしてきた事例の紹介。

福岡市早良区で団地のお風呂のカビ掃除をしてきた事例の紹介です。

今回のお客様は、

とにかくカビ汚れがひどく、

自分ではもうどうにも出来ないので掃除をしてほしいとの事です。

団地のお風呂は古くてコンクリートに塗装をされている場合が多くて、

換気が悪いため、

カビが発生してお困りの方は多いのではないかと思います。

そんな団地タイプのお風呂のカビにお悩みの方が、

お掃除業者にお風呂掃除を依頼すると、

どんな感じに仕上がるのかご紹介したいと思います。

福岡市の団地のお風呂のカビ掃除前

福岡市の団地のお風呂のカビ掃除前全体

福岡市の団地のお風呂のカビ掃除後

福岡市の団地のお風呂のカビ掃除後

福岡市の団地のお風呂の天井・壁のカビ掃除前

福岡市の団地お風呂の天井カビ掃除前

福岡市の団地のお風呂の天井・壁のカビ掃除後

福岡市の団地のお風呂の天井・壁のカビ掃除後
こんな感じに仕上がりました。

今回のお風呂は天井は板、壁面はコンクリートで出来ていました。

たいぶ塗装が劣化していて、

触っただけで剥がれてしまう様な状態でした。

この塗装が劣化していた事もカビが発生した原因の一つかもしれません。

もし可能であれば、

カビが発生しにくい浴室専用の塗料を塗るなど、

いろいろと対策をするのが良いかと思います。

出来れば管理している会社などに相談をしてみるのが一番かもしれないですね。




こんなお風呂を掃除した手順は、

特に難しい事ではありません。

カビ用の洗剤を下から上に向かって塗布して、

柔らかいパットで擦る。

この繰り返しです。

天井を掃除する際は自分に洗剤がかからない様に注意しながらの作業です。



こんな感じのカビがたくさん発生したしまったお風呂の掃除は、

僕は必ず専用のマスクをしての作業です。

このマスクをしないと、

喉がおかしくなってしまいます。

もし、

皆さんがご自身で、

こんな感じにカビで汚れたお風呂を掃除するのであれば、

必ず専用のマスクをする事をお勧めします。



団地などの古いお風呂でたくさんのカビ汚れでお困りの方が、

業者さんにカビ掃除を依頼すると、

こんな感じに仕上がるんだなぁとご想像できるのではないかと思います。


次からはこんな感じのカビだらけのお風呂にならない為に、

カビが発生する原因や対策などをご紹介します。

ご参考になればと思います。

2.お風呂にカビが発生する原因。

お風呂にカビが発生する原因について少しご説明いたします。

お風呂にカビが発生する原因は、

カビが繁殖する為の必要な要素がお風呂にあるからです。

その要素は3つです。

1、高温

2、多湿

3、栄養

お湯を沸かしたり、シャワーを使うと、

お風呂は高温で多湿な状態にあります。

また、

お風呂には皮脂や垢などのカビにとっての栄養があるので、

カビにとっては最高の環境になっているんです。


この事を理解しておけば、

カビを発生させない為の対策もわかってくると思います。

次はカビを発生させない為の対策を少しご紹介致します。

お風呂にカビを発生させない為の対策を紹介致します。

基本はカビが発生をする3つの要素である高温・多湿・カビにとっての栄養を無くせば、

カビは発生しにくくなります。

その方法を2つ紹介します。

1.冷水シャワーでお風呂全体を洗い流す。

カビは5度~45度で発生します。

その中でも25度~28度が最も繁殖が盛んになります。

なので入浴の後に冷水でシャワーをかけるようにしましょう。

その際に特に腰から下の場所を念入りに流してください。

その理由は、

お風呂は腰から下の高さの部分に皮脂の汚れや垢などカビにとっての栄養がたくさんあるからです。


2.しっかり水分を取り除き、換気をよくする。

冷水シャワーで洗い流した後は必ず水分を取り除いてください。

方法は窓掃除などで使用するスキージーという水切り道具を使用しても良いですし、

バスタオルでふきあげるなどでも良いと思います。

シャワーで流した後にそのままにしておくと夏場など気温が高い時は、

すぐにカビが繁殖しやすい高温・多湿の状態になってしまいます。

そして、

普段は必ず換気をよくしておいてください。

カビが発生する湿度は65%以上と言われています。

お風呂の窓を開けた状態にする。

換気扇を付ける。

などなど換気を気をつけてくださいね。

ただ、

団地の場合は換気扇が付いていないケースが多いような気がします。

そんな場合は扇風機を使うなど、

いろいろと工夫をされるのも良いかと思います。

また、

湯船にお湯を残すのはあまりお勧めはしません。

もし残す場合は必ず蓋をしておきましょう。

以上がカビを発生させない為の対策を2つ紹介してみました。

お風呂のカビにお困りの方に、

少しでも参考になればと思います。

4.お風呂のカビ掃除を自分でする場合の手順の紹介。

次は自分でカビだらけのお風呂の掃除をする際の手順を紹介致します。

業者に依頼するのはもったいないので、

なんとか自分で掃除をして気持ち良く入浴したい。

そんな方の為に方法をご紹介します。

特別に難しい事はありません。

ただし、

天井を掃除したりする際に転倒したりする可能性があるので、

ご高齢の方などは自分で掃除をするのはやめた方が良いかと思います。

【準備する道具】

カビキラーなどのカビ用洗剤

手袋

マスク・目を保護する物

タオル・スキージーなどの水切り道具

洗車ブラシの様な枝が長いブラシ

【手順】

1.お風呂の窓を開け、換気を良くする。

また、扇風機などを使い換気をさらに良くすることをお勧めします。

手袋・マスク・目に洗剤が入らない様な物を使い掃除をする準備をする。

2.お風呂全体にシャワーをかける。

3.カビ用洗剤を床→壁(ドアも含む)→天井の順番でブラシに付け塗布する。

その際には必ず下から上に塗布してください。

天井に洗剤を塗布する際はブラシを上手に使って、

自分に洗剤がかからない様にして塗布してください。

4.30分程放置した後、たくさんのシャワーで洗い流す。

5.カビが残っていれば今までの作業の繰り返しです。

6.タオルやスキージーなどを使ってシッカリと水分を取り除く。


こんな感じの簡単な作業です。

でも、

天井を掃除する際には転倒に十分に注意したり、

カビ用の製材を使用するので十分換気に注意してください。

5.団地のお風呂のカビ掃除についてのまとめ。

団地のお風呂のカビ掃除についてのまとめです。

1.当店がお掃除をしてきたカビだらけの団地のお風呂の紹介でした。

「業者さんがお風呂の掃除をするとこんな感じに仕上がるんだ。」

ご参考になればと思います。

団地の古いお風呂で塗装が剥がれてしまっていたりする場合は、

管理している会社にご相談をする事をお勧めします。

2.お風呂にカビが発生する原因や対策を紹介しています。

カビの原因は3つで高温・多湿・カビにとっての栄養です。

この3つをお風呂から無くせばカビは発生しにくくなると思います。

3.カビだらけのお風呂を掃除する方法を紹介しています。

掃除する際は必ず換気を良くして、天井などの掃除の際は転倒など十分注意してください。


以上、

団地のお風呂のカビ掃除についてご紹介させて頂きました。

団地にお住まいでお風呂のカビに困っている方に少しでも参考になればと思います。

業者に依頼するも良いと思うし、

自分で掃除するも良いと思います。

キレイなお風呂になって、

いつも気持ち良く入浴出来ればなによりです。


最後までご覧頂きありがとうございました。

最後の最後に、

この記事を書いた私のお店の紹介や当店のお風呂掃除の紹介です。


次は当店のお風呂掃除の紹介です。


おそうじ本舗荒江店にお掃除を依頼するとどんな感じに仕上がるのか気になる方は次からご確認ください。


おそうじ本舗荒江店は多くのお客様に喜ばれてるお店です。



最後までご覧頂きありがとうございました。
先日はフローリングのワックスの剥離をしてきました。

作業をした時期が4月だったこともあり、

引越しに関係した掃除でフローリングの剥離作業を数件おこなってきました。

今回は、

室内に何も無い状態で床を見るとワックスの剥がれだったり、

汚れが気になってご依頼頂いた様な感じです。



こんな感じに何かしらの理由で、

フローリングの汚れだったり、

ワックスの剥がれが気になってる方は、

多いのではないかと思います。


この記事をご覧頂いてる方は、

フローリングの汚れだったりが気になっていたり、

自分でワックスをかけたけど、

ムラムラになって剥離が必要だと思っている方、

また、

フローリングのワックスが部分的に剥がれてしまって、

気になっている方だと思います。

そんな方の為に少しでもお役に立てればと思い、

今回は次の事をご紹介します。

【目次】

1.福岡市でフローリングのワックスを剥離してきた事例の紹介

2.フローリングのワックスの剥離をご自身でする際の注意点

3.ご自身でフローリングのワックスの剥離を行う手順の紹介

4.フローリングのワックスの剥離に関するまとめ


春や秋はフローリングのワックスの剥離やワックスがけには、

一番お勧めの季節です。

皆様のお部屋のフローリングがピカピカになり、

気持ち良く生活出来れればと思います。



1.福岡市でフローリングのワックスを剥離してきた事例の紹介

今回は2現場のフローリングの剥離作業を紹介します。


先ずは1現場目の剥離です。

剥離をした場所はキッチンのフローリングです。

キッチンのフローリングのワックスが剥がれてしまって、

すごく気になるのでキレイにしてほしいとのご依頼です。



キッチンの床は油汚れなどが飛び散りやすく、

汚れやすい場所です。

どうしても油などがフローリングのワックスに付着すると、

ワックスがは剥がれやすくなるんだと思います。

そんなキッチンのフローリングを剥離してきた事例です。


キッチンフローリング剥離前

キッチンフローリング剥離前
こんな感じでワックスが剥がれてる部分がわかると思います。

また、

ワックスい汚れが入り込んで黒ずんだ感じになっています。

どうしてもキッチンの床は、

油汚れが飛び散るのでこんな感じになってしまうのかもしれません。

少しわかりにくいかもしれないので、

もう少し近づいた写真をご紹介します。
キッチンフローリング汚れ
こんな感じで汚れてしまって、

ワックスが剥がれてしまってます。

こんな状態になると、

普通にフローリングをふきあげてもキレイにはならないと思います。

この状態になると、

古く汚れてしまってるワックスを剥がすしか方法が無いと思います。


今回はキッチンのフローリングのみの剥離作業ですし、

そんなに何回もワックスをかけたフローリングでは無いので、

時間もあまりかかりません。

フローリング専用の剥離剤を使用して剥離をします。

キズが入らないやさしいパットを使いながら、

古くて汚れたワックスを剥がしていきます。

出てきた汚水はこんな感じで真っ黒です。

キッチンフローリングを剥離した汚水

キッチンフローリング剥離汚水
こんな感じで古いワックスを剥がし、

また、

目地に入り込んでるワックスも丁寧に取り除き、

出てきた汚水を回収します。

汚水を回収した後に、

すぐに水拭きをします。

この水拭きを何度か繰り返してワックスの剥離の完成です。

剥離が完成したフローリングは次の様な感じに仕上がります。

キッチンフローリング剥離後

キッチンフローリング剥離後
スッキリした感じに仕上がりました。

お客様もすごく喜んで頂きました。

こんな感じのフローリングだと、

気持ち良く料理を始める事が出来るしと思い。

また、

少しでも汚れたらすぐに掃除をしよう。

そんな気持ちになるんじゃないかと思います。




次はリビングの入口部分のワックスが剥がれてしまって、

お困りの方からのご依頼の剥離作業です。

入口部分になぜか丸くワックスが剥がれてしまっています。

こんな感じです。


リビングのワックスが剥がれたフローリング

リビングのワックスの剥がれ
今回、ご依頼頂いたのはマンションのオーナー様からのご依頼です。

退去時のクリーニングをご依頼頂いたのですが、

フローリングのワックスが剥がれてしまっていて、

剥離をしないと床がキレイにならない事をご説明して作業をする事になりました。

こんな床の状態では、

新しく入居される方はガッカリしてしまうと思います。

こんな感じのフローリングをキレイにしてきました。

フローリングの剥離の方法は上で紹介した方法です。

リビングの半分位の剥離が終わった状態はこんな感じです。

リビングのフローリングワックス剥離中

フローリング剥離中
上半分が剥離が終わった状態です。

古いワックスが黒ずんでいるのがわかると思います。

もう少し頑張って剥離を続けると、

こんな感じに仕上がります。

リビングの広さは20帖位あるので、

少し大変な作業でした!

リビングのフローリングワックス剥離完成後

リビングフローリングワックス剥離完成
こんな感じに仕上がると、

入居される方も気持ち良く生活出来るんじゃないかと思います。

また、

ご依頼頂いたオーナー様も喜んでくださいました!



今回は2つの現場のフローリングの剥離の事例を紹介しました。

こんな感じにフローリングの剥離をするのは専門業者しか出来ない訳ではありません。

フローリングの剥離作業はご自身でも行うことができます。

特別に難しい作業では無いのですが、

何回もワックスを塗られてる場合は大変な作業になりますし、

剥離する範囲が広い場合は肉体的にも大変だと思いますが、

ご自身でフローリングのワックス剥離をしてみよう。

そんな事をお考えの方は、

実際に作業をする前に注意しなければいけない事がありますので、

次で紹介致します。

2.フローリングのワックスの剥離をご自身でする際の注意点

ご自身でフローリングのワックス剥離をしてみようとお考えの方は、

次の注意点を確認してフローリングのワックス剥離をしてもらえればと思います。

【フローリングのワックス剥離をする際の注意点】

①使用する剥離剤について

剥離剤を使って剥離をするのですが、

剥離剤には色々な種類の物があります。

フローリングのワックスを剥離する場合は、

必ずフローリング専用の剥離剤を使用してください。

たぶんドロドロしたタイプの剥離剤です。

Pタイル用などの剥離剤を使用する事はお勧めできません。

理由は、

Pタイル用などの剥離剤を使用するとフローリングがいたんでしまいます。

よくある事例はフローリングが反り返るらしいです。

②しっかりとワックスが剥がれているか確認しましょう。

ワックスがシッカリと剥がれていないと、

床がベタベタしたり、

剥離後にワックスを塗る場合にキレイに塗ることができません。


③汚水の回収とふきあげ

剥離をする際に出てきた汚水をしっかりと回収し、

何度も水拭きをしてください。

この作業をしっかりとしないと床がベタベタしたりします。


④剥離後はシッカリと乾燥させること。

剥離をした後はシッカリと乾燥させましょう。

フローリングは水分を嫌います。

以上が僕が考えるフローリングのワックス剥離をする際の注意点です。

他にも養生だったり、

使う道具だったり、

いろいろあると思いますが、

とりあえず4つ紹介致しました。


次はご自身でフローリングの剥離をしようと考えているが、

どんな手順で、

どんな道具が必要なんだろ。

そんな方の為にご自身でフローリングの剥離をする手順などを紹介します。


3.ご自身でフローリングのワックスの剥離を行う手順の紹介

ご自身でフローリングのワックスの剥離をしてみよう。

そんな事をお考えの方の為に、

必要な道具や手順などを紹介します。

ただ、

ご紹介する内容は僕が普段行ってる剥離の方法です。

他にもいろいろな方法があると思いますので、

ご参考までにしてくださいね!

フローリングのワックス剥離に必要な道具など

①剥離剤

※必ずフローリング専用の剥離剤を使用してください。
(少し高価かもしれません。)

②バケツ4つ位

③手袋

④スキージー
(窓掃除をする道具で汚水回収の際に使用します)

⑤チリトリ
(汚水回収に使用します。)

⑥雑巾5枚以上

⑦竹串・ブラシ
(フローリングの目地の掃除に使用します。)

⑧パット
(ワックスを剥がす際に使用します。)

※フローリングにキズが入らない物を使用しましょう。

⑨中性洗剤
(食器洗い用の洗剤)

ご自身でフローリングのワックス剥離を行う手順の紹介

①什器等の移動

テーブルやソファーなどを移動します。

出来ればこの際に脚の部分などに付いてるホコリなどを落としてあげましょう。

②巾木などのホコリ落とし。

什器などを移動したついでに巾木のホコリも落としておきましょう。

③掃除機がけ

床にあるゴミをキレイにしましょう。

④剥離の準備

・剥離剤をバケツや容器に入れ希釈が必要であれば表示通りに希釈してください。

・3つのバケツにお水を入れ、1つに中性洗剤を少し加えます。

⑤剥離作業の開始

・お部屋の奥から始めます。

・自分の手が届く範囲に剥離剤を広げます。

・少し時間をおきましょう。

⑥ワックスの剥離

・キズが入らないパットでフローリングを擦りましょう。

剥離剤を塗布して、

少しパットで擦るとこんな感じになります。

慣れない方はこんなに広い範囲を一度にする事はお勧めしません。

フローリングワックス剥離中
こんな感じでパットで擦るとワックスが剥がれているのが手の感覚でわかります。

ツルツルとした感触がわかると思います。

この作業で剥がし残しがあると、

キレイに仕上がらなかったりしますので、

慎重に作業してくださいね。

次は目地の部分の対応です。

⑦目地の部分のワックス除去
フローリングワックス剥離の目地
今回は竹串を忘れてしまったので、

ヘラの様な物で目地のワックスを取り除きました。

・目地の部分のワックスは竹串やブラシで取り除きましょう。

※この作業は膝をついての作業ですので、
ワックスが何度も塗られていたり、範囲が広い場合は大変です。
膝にタオルなどを敷いて作業すると少しは膝の痛みも緩和されるかもしれません。

⑧汚水の回収

この作業で出てきた汚水を回収します。

こんな感じです。

フローリング剥離汚水回収
チリトリとスキージーを使いシッカリと汚水を回収します。

回収した汚水はバケツに入れます。

⑨フローリングのふきあげ

3つのバケツにお水を入れ、1つに中性洗剤を少し入れます。

中性洗剤を入れたバケツに雑巾を入れしぼった後、

床をふきあげます。

後にお水が入ったバケツ2つを使い何度かふきあげを行います。

※シッカリとふきあげを行いましょう。

こんな感じで自分の手が届く範囲で作業を進めていきます。

全体の剥離が終わるとシッカリと乾燥させてくださいね。


今回は僕が行ってる剥離の方法を紹介しました。

何かしらご参考になればと思いますが、

ご自身で剥離をする場合は、

広さやワックスの塗り具合により、

時間がかかってしまったり、

膝をついて作業するので苦痛だったりするかもしれません。


4.フローリングのワックスの剥離に関するまとめ

フローリングのワックス剥離についてのまとめです。

【業者によるフローリングワックスの事例の紹介】

この記事では当店が行ったフローリングのワックス剥離の事例を

2つ紹介いたしました。

業者さんに依頼するとこんな感じに仕上がるのかなぁ。

少しは参考になったと思います。

【ご自身でフローリングの剥離をする際の注意点の紹介】

ご自身でフローリングの剥離をする場合の注意点を4つ紹介しました。

一番注意して頂きたいことはフローリング専用の剥離剤を使用する事です。

Pタイルの剥離剤は安価ですが、

フローリングには適していません。

注意してくださいね。

【ご自身でフローリングの剥離をする際の手順の紹介】

ご自身でフローリングの剥離をする際に必要な道具や手順を紹介しました。

ご自身でやってみようと考えてる方の参考になればと思います。


今回はフローリングのワックスの剥離について、

この記事をご覧頂いた方が何かしらのお役に立てればと思います。

ご自身で剥離をするのも良いと思いますし、

時間的な事や体力的に大変な場合は、

業者に依頼するも良いと思います。

皆様のお家のフローリングの床がキレイになり、

気持ち良い生活が出来ればと思います。



最後に、

少しだけ当店のフローリングのワックス剥離の料金などのご紹介、

当店のご紹介どさせて頂きます。

福岡市のハウスクリーニング専門店おそうじ本舗のフローリングワックス剥離の料金など詳細はこちらです。


この記事を書いた私のお店の紹介です。

福岡市のハウスクリーニング専門店です。

次の画像から当店の店舗紹介をご覧いただけます。
おそうじ本舗荒江店紹介
おそうじ本舗荒江店にお掃除を依頼すると、

どんな感じに仕上がるのかな。

気になる方は次の画像から、

当店のお掃除ビフォー・アフターがご覧いただけます。
お掃除ビフォー・アフターおそうじ本舗荒江店
おそうじ本舗荒江店は早良区・城南区を中心に地域密着でお掃除しています。

そんな地域の方から多くの喜びの声を頂いています。

そんなお客様の声が気になる方は、

次の画像からお客様の声を確認出来ます。
おそうじ本舗荒江店喜びの声(口コミ)
最後までご覧頂きありがとうございました。

春になり気持ち良い季節ですが、

朝晩は冷え込む日もございます。

お体には十分お気を付けくださいね!
ハウスクリーニングのお問い合わせはこちら
ページトップ